FC2ブログ

てんめのながや

点目クラフト&Tillandsia&more...

メジェド様  

森林浴のメジェド様

前回UPのメンダコの応用で


エジプトの・メジェド様作ってみた。
打ち倒すもの
2019.09

上から見ると若干つり目がち。


メジェドさま

タコ足にあたるワイヤー部分は裾なので
マリリンモンロー風に裾を翻す事も可能。

メジェド様
足にもワイヤー入れてるのでこうして座らせたり

自在に曲げるのもOK…とはいえバランス的に膝下という感じで作っているので途中をぐにゃぐにゃ曲げるのは少々気がひけますね。


足はもちろんエジプト型(自分の足を参考には出来ず)。
そして、シュールネタで終わらず々しさをどこかで出したかったので
ここに上げてる画像ではうまく写ってないけど、作り始めの裾(メンダコの足の膜)部分に虹色のグラデーション羊毛を入れて色が透けてる感じにしてます。


おてんばメジェドさま



category: クラフト二次創作

tag: 羊毛  ニードルフェルト   
tb: --   cm: --

夏のめんだこ  

3パンケーキオクトパス

夏の終わり、メンダコ作ってみましたよ🐙


2018_2オクトパス


タコについてはリアルだけど色が青いの(上)と、


2018たこ
2018.10

赤い茹で風味にしてみたけどちょっと顔がクトゥルーっぽくなった2体を製作してました。
赤い方は今年お嫁入り。

ここまでの5体はすべて足にワイヤーを入れて動かす事が可能です。
その分ワイヤーが飛び出ないよう8本足の一本一本ちくちく刺してゆく行程、
他の物を作るのとは明らかに最初の段階がうへぇ…面倒くさ、となりがちなもんで
辛い作業感を持たないよう(泥酔しない程度)晩酌にテレビ流し見で無の境地で進めました。


ニードルが刺さるので真似しないように。

あと、羊毛フェルトでタコを検索したら私など足元にも及ばない精緻で可愛い造形がざくざく出てくるからそれに打ちひしがれつつ技術の目標にしていたりするので、
これからも、いろんなタコを作っていきたいと思ってます。


で、今年はメンダコ。

青いたことプロトタイプメンダコ
右 2019.08


3月頃にバーゲン毛糸で良さげな色を見つけて進めるも素材自体の刺し難さと、ワイヤーを入れた事で余計にこのサイズで作るには本来のメンダコの持つふよふよした柔らかそうな感じが全く出ずゴワゴワになってしまってお蔵入りにー

そんな中、今年のあかびらツクリテにて、画像を見せてくれて「これありますか?」とメンダコをリクエストしてくださったお客様が!
頭に上記の作りかけが過ぎったものの、これだととても売りに出せるものではないので

帰った後、

メンダコ下地
ワイヤーの可動と軟体動物の柔らかさを表現出来るサイズで新たに始動!

ワイヤーを巻く分と頭部の中心はアクレーヌでゆるく刺してから羊毛(今回は去年のタコで用いたのと同じグラデーション毛糸を使ってます。たっぷりあったけど残り少なくなった…)を巻き、最初は薄く作ってた足の間の膜の部分はバランスを見ながら進めたらおのずと肉厚になりぺたんこは無理だけどある程度高さを変えられるものが完成ー!



2019三匹のメンダコ
2019.08

これに機嫌よくして最初に作った小さいのも目ん玉付けて仕上げ、その真ん中の大きさでも一体追加してみました。

3タコ吸盤
裏はこう。吸盤はビーズ縫い付けで。
なんか、健康に良さそうな面白い手触りになりました。



リクエストくれた人、ここ見てくれてると嬉しいなあ…。

201908メンダコ

category: クラフト

tag: ニードルフェルト  羊毛  毛糸  集合    深海 
tb: --   cm: --

2頭身の仲間たち(3) その2   

あざらしと新顔
2019.07

続き。
6月末のイベントより戻ってきてからの最近まで。

本来ならどんどん暑くなるこの季節は、もこもこのフェルトなど汗ばんだ手で触るのも言語道断なもんで滞りがちになるんですが、8月初頭のほんの数日の猛暑(それでも全国的にみたらむしろぬくい方でしょう)を除けば
7月からずっとどんよりな天気のおかげ()で、一気に仲間が増えました。



メキシコサラマンダー
2019.07

春に完成したこちらの深海魚、あかびらツクリテにて多くの方に

ウーパールーパー!
と構っていただいたのでならば “本家” も!

うん、ベースは同じ顔だよな。
(今「天地創造デザイン部」という生き物うんちく漫画を愛読してるんですが、あの話の(生き物の)デザインが通過して流通するまでの、クライアントの無茶振りやデザイナーのこだわりや個性がぶつかり合う紆余曲折が凄く身につまされ笑える上、系統は違うのに一目で「この特徴は…同じデザイナーさんが関わってる!」のが分かってしまうのが面白くて、進化の過程と違うところでこんな感じで生命のデザインが決まってるんじゃないだろうか…と思えてくるのが最高に良いです)

あと勿論ポケモンのウパーよ(もっと目が小さければ更に好み)。


二代目かっぱ

あたまのお皿が小さめだった先代からより妖怪らしさを意識した河童。
髪の毛の部分を荒めのグラデーション羊毛にしたのもあってか先代よりホラーな感じで味が出たと思う。




たかさごましこ

もうそろそろ使い切りそうなスキー毛糸のワインレッドで何か1つ作りたくて、そこから辿り着いた小
南の、タカサゴマシコ(高砂猿子)を参考にしてますがつるんとした感じにしたかったので頭部等、そんなに厳密にしてません。

南方の小鳥
再製作のミナミキンランチョウ(右) と。
実物を見たいなあ…。南国に行きたいなあ………



きつね

きつね。
最近は作るのにラフやスケッチを取るようにしている中、
好きな動物なので体毛の白い部分を確認した後はぶっつけ本番、ほぼ一発製作です。

こうも頭に入っているのはえらい昔デカくて、(キツネなのに)まるまるしてて、(キツネなのに)まぬけな顔のぬいぐるみに一目惚れするも値段で断念し、以後それっきり見かける事はなかった後悔の気持ちがあるからだろうなあ
(後年検索で探し求めていた実物の画像を見る事出来…今だと古めのデザインだったので何としても手に入れる!という思いではもうないんですが、当時あれを見た時の感激は鮮明に覚えている訳で…きつねに限らず、自分の作るものがそこまでの思いを動かすものになれたら、なれるようにと目標を持っています)


おにてんじくねずみ
2019.08

リアルなたぬき
2019.08

今月製作のカピバラと二代目たぬき。
キツネを作ったのでタヌキも作ろう!先代は典型的なデフォルメだったので実物寄り、そしてキツネと対っぽくしてよりまんまるで福々しくしよう!

と、これもまたそろそろ使い切りそうなスキー毛糸のベージュ系をベースに進めたら、
このシリーズは底部におもしのガラス玉を入れているので下半身から頭へとバランスを見ながら作る過程でー

ずんぐりにした下半身の体格が別の動物っぽい…カピバラみたいだこれ…だったので開き直ってカピバラに。
こう書くとオマケで作ったみたいな扱いになってますが、このシリーズで唯一の細目にした事、シンプルながら質感のつやつやさもあってかなり気に入ってます。

カピバラの完成後、改めて写真資料をこまめに確認しながらタヌキも完成。


たぬきときつね

過程はほぼ真逆ながら、抜群のコンビネーションですwww

category: クラフト

tag: ニードルフェルト  羊毛  毛糸  集合          山椒魚 
tb: --   cm: --

2頭身の仲間たち(3) その1  

2019。7月集合
2019.07

2年前より作り続けているシリーズの続き。
今年に入ってからの作ったものを。前回はこちら→(1)(2)

5月と6月のイベントでありがたくちょこちょこお嫁入りしたり、以前作ったものを覚えていてくださって尋ねられることも増えまして、先月から評判の良かったものは再制作を始めたりしてますが、基本思いついたまま好みのいきものを増やしてます。
並び、前回は震災の話題繋がりで新しいものからにしましたが今回より通常に時系列です。


なまけもの(お嫁入り)
2019.03

昨年の停電中に作ったパンダ(お買上げありがとうございます!)から半年、地元手芸店の閉店セールで購入したグラデーション毛糸から作ったナマケモノ
フタユビor ミユビを意識しないで作ったので爪は敢えて分けてません。
こちらもお買い上げいただき感謝です!

ちなみに上記のお店、閉店してこれから材料は通販かな〜地方は辛いな〜と思ってたら
7月、イベントから帰って来て間もなく以前の店舗の近場・別テナントで再開するという奇跡が…。

あごひもペンギン

同じく3月のアゴヒモペンギン
惚れ込んで参考にした画像はもっとむっちむっちでした!
完成したらばアゴヒモっていうより「ほっかむり」に見えてくる…w



タケネズミ(お嫁入り)
2019.05

ネズミです。
ただのネズミではない、大きめでぼてっとした体格とちっちゃい目とネズミらしい出っ歯が可愛らしさよりもどこか気持ち悪…
でも、それが魅力なアジアのタケネズミ(竹)。
我ながら表情がすっごく気に入ってました。お買上げありがとうございます!

ホンセイインコ

同じく5月、図書館で借りた「トリノトリビア」(主な著者のバード川上こと川上和人先生、四コマのマツダユカ先生両方好きで愛読してるのでこの組み合わせ、感涙の極みとしかいいようがない!)という本が最高だったのです。

中でも、一番ツボにハマって笑い転げた、

「公園の桜の花を無邪気に喰い散らかす野生化したホンセイインコ」

を思い入れのままに製作。
単純に見えますが原材料のフェルトがぎりぎりだったもんで欠けた分補うのにけっこう苦労してます。


続きます。あかびらツクリテ以後はこちらで。

category: クラフト

tag: ニードルフェルト  羊毛  毛糸  集合      ペンギン  ナマケモノ 
tb: --   cm: --

座るぞうさん  

座っているぞうさん
2019.4
今春、販売というよりは展示用としてそこそこの大きさで製作したさん。

ああやっと撮影映えのする日差しになってきたあ…って暑過ぎるぅぅぅぅ!!


毛糸のぞうさん

2年前の初展示でお嫁入りしたこちらと2代目として作った水色(上画像)をふまえ、

今回は毛糸で下地を作った更に上にほどいたアクリル毛糸をコーティングしてかっちり目に仕上げてます。

ちょうどこれを作ってた頃、カートゥーン映画「Sing!」のTV放送があり、
しばらくず〜っと私の頭の中でクライマックス、のシンガー・ミーナの歌声がループしっぱなしでした
(吹き替えの中の人、世代的にずっと親しんではいたけど特に好きな音楽ジャンルではなかったので、ここで改めて歌唱力の凄さを実感)。
あ、でもず〜っと目で追ってたのはグンターさん(ブタ)でしたが!斎藤さん最高!


そんな訳で今回はアジアゾウで女の子(キバ無し)なんです。
座るぞうさん


そして、

座るぞうさん背中

ぞうさん底面
重量感を意識して仕上げたおしり。


「あれちゃんと踏んでないだろ!筆箱みたいにでも試したらどうだ」と、常々思う某ルーペのCMから、
ちょこなんと座っているポーズに。


category: クラフト

tag: ニードルフェルト  毛糸   
tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事+関連エントリー

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

QRコード

明日のラッキーワード