FC2ブログ

てんめのながや

点目クラフト&Tillandsia&more...

2頭身の仲間たち(2)  

2018.09のなかま
2017.06〜

底におもしを入れてはみたけど起き上がりこぼしとまでにはいかない連作、
4月に上げた「2頭身の仲間たち」の続きです。

上にいない仲間たち、ありがたくもあかびらツクリテフェスタでお嫁入りしました。
悩みに悩んで選んでもらったり、お目当てを発見し即決で貰われていったのが今でも嬉しく、疲れた時、ふと目をむけてゆるい笑いを提供できたらいいなあ〜と願っております。

…と、いうのも

ぱんだ
このパンダ

先の地震でブラックアウトになり頻繁に続く余震、恐怖の中で何かをする気も起きず
ただただ電波の荒いラジオに耳を傾けながら今月7日に完成させました。
(リアルタイムにinstagramで報告しているのでこちらでは書きませんが、付合いの悪い私の様なモンに心配してくれたり、お気遣い暖かいメッセージをいただきまして、まこと励みになりました。ありがとうございます)

あしか
2018.08

アザラシを作ろうとしてたのにあろうことか上体を起こしてしまったのでアシカ(オタリア)に変更。アシカにした分顔立ちを少々キリっとさせていますw

パンダロップ
2018.07
パンダロップ。
上のパンダと同じく白黒のフェルトで6月から作っていたものの、球体をハサミで等分して肉付けしていく昔からの自分の製作のやり方が思いっきり裏目となり、ハサミで切った時の細かい毛が残って取りきれずもっのすご〜く汚い仕上がりだったので

白部分を全部剥ぎ取ってベージュでほぼ1から作り直し、こののっぺり顔からは想像がつかない一番時間をかけた作品。
なので、次回のパンダではその反省をふまえ、一切ハサミを使っておりません。

おさる
2018.06
おさるさん。

アカゲザルが好きなのです。この色合いとプロポーション、作っているうちに登場時から大好きな「もんすけ」を作った時と被りそうになるのを危惧したのか…通常より目玉が大きめに。

カメレオン
2018.05
カメレオン
舌は巻いてません。顔の造りは一番力を入れてますが、もっとデフォルメさせて可愛くしたかったなあ…。


三匹のおきあがりこぼし
パンダ、座っている(人間の骨格でやるとすごくキツい)ポーズなので、いままでの仲間とは明らかに腰回りにボリューム付けてますw

-- 続きを読む --

category: クラフト

tag: 羊毛  ニードルフェルト  毛糸  集合  カメレオン      パンダ  アシカ 
tb: --   cm: --

両生類のなかま  

山椒魚と蛙の兄弟
2018.07
(オオ)サンショウウオとカエル・ブラザーズ。
両生類が好きです。


11サンショウウオ
オオサンショウオは初期に作ってからず〜っと保留していたものから

昨年ダークブラウンの羊毛を被せ、尻尾の長さなども少々修正.
17修正山椒魚
2017


更に今年になってから思い立って、サイズ的に技術が足らず手が回らなかった
足の指を追加(極細針でちまちま刺したりボンドを混ぜて強度を出したりしながら)して、
6月のあかびらツクリテフェスタに出品するつもりでいたらー

何故か6月に入って行方不明に、イベント終了後にひょっこり出てきたのに
ふと思うところあり…まさかと
図鑑やネットで確認してみたら


後ろ足の指が足りてなかったではないですかぁ!
なので更に修正してようやく数年越しで自分のオオサンショウウオを完成させましたぁ!
サンショウウオ修正はら

18山椒魚キーホルダー

オオサンショウウオ、こんなにも思い入れがあるのは
大好きなポケモン・ヌオーのモデル…のその前から
地元の水族館に物心ついた時からいて半ば「主」のようだった風格ある姿が
記憶に残っているからなのです(オオサンショウウオの産地ではないのに子供の頃にいたのは戦前から生きていたそうで…まことに有難いことで)。


そして、モヘア系の毛糸と中途で余ったフェルトで
かえる兄弟
カエルの兄弟。
ほんとはマルメタピオカを意識してたのですが普通にデフォルメにしてしまいました。

目に使用した貼り付け式のドールアイ、今まで見た事がなかった大きさですが
間の抜けた顔に本当に丁度いいサイズなのでこれから重宝していきそうです。
振るとしゃかしゃか音がして中に何か入れてるみたいなのも楽しいw


沼を見つめるかえる兄弟
増やすつもり。






-- 続きを読む --

category: クラフト

tag: ニードルフェルト  羊毛  毛糸    山椒魚 
tb: --   cm: --

ジャージのシマエナガ  

ジャージのシマエナガ
2018.04〜07

シマエナガをモデルにしたまんまるいとりさん。


近年のシマエナガ推しの気運にあやかって…というよりは
3月、ミレージャギャラリーの懇親会上で話が北海道ネタになった時、いまだシマエナガを知らない首都圏の方々に道民の義務wとして、「これがシマエナガ!まんっまるなんです〜」と紹介した話のはずみででした。


私自身はブームになるほんの少し前に知って、そういえば散歩コースにいたのかもと思いを巡らせつつも、はっきり見た事はなかったので、
いざ!シマエナガを羊毛で作ろうとした時、作品の数の多さに改めて昨今のブームの凄さを実感すると共に、
その分、実物と多少かけ離れてもどこかでオリジナリティが出せればいいなあ…と。


なので、素材をこちらを作る時に購入した羽毛っぽい毛糸をベースに、フェルトをちょこちょこ加えていきつつ

(真っ白じゃなくて少し色が入っているのはこの毛糸の色なのです)

尾羽修正前_1
頭を抱えたのがやはりバックスタイル。
羽毛の毛流れを残しつつ黒い部分を少しずつ足し(ああいまだ白黒を綺麗に刺すのが苦手だ)


そして、


ジャージのシマエナガうしろ

ジャージになった…。

これまでにないくらいに後ろ姿の画像を参照したんだけどなあ…


でもいい!最初からオリジナリティ重視で素材も普通のフェルトじゃないんだ!
もうこれは、「シマエナガに似た何か!」でいいんだああ!



尾羽修正前_2
足はワイヤーに毛糸(柿渋染め)巻いてます。
爪先をワイヤー丸出しにしてちょっと痛いんで、
展示等の際には枝とか何かに固定する事も考えてます。



まるいしろいとり
ともあれイチにこだわったのは
この卵(まんまる)っぽさ

category: クラフト

tag: ニードルフェルト  羊毛  毛糸   
tb: --   cm: --

ウッキー↑セカンドライフ↓  

ざぶとんタマちゃん
2018.05〜07
「吸血鬼すぐ死ぬ」のゴールデンライオンタマリンのタマちゃん。

先月発売の新刊がタマちゃん大活躍なんで合わせて作ってみましたよ。
イベント挟んで完成は発売から一ヶ月遅れたけど、その分単純ながら丸まるさを再現したくてじっくり作ってます。
実は一番苦心したのが顔。ちょっと造形的に凹凸つけたら上手くいかなかったので、その上に一層重ねてこの書き割り顔に。

タマちゃんのしっぽ

通算100話を越えて更にアクの強いキャラクターだらけな中、極限まで無駄を省いた体形なのにしっかり「ゴールデンライオンタマリン」してるのこの姿が初登場から印象深くてw



なので、このタマちゃんが!

ムムッ、吸血鬼
・・・こんな事になるなんてwwwww

本来ののほほんとした表情から
うって変わった凛々しい眉毛とインテリジェンス溢れる眼鏡
主人公ロナルドが尊敬してやまない伝説の吸血鬼ハンター、ヘルシングがの体を借りて現世に蘇った…という予想外の展開に。





ええ〜前の話でちょこっと出てたこの2つ、どういうアイデアでくっつけちゃったんだ〜

盆ノ木先生、凄いっす!最高っす!

ちなみに、この画像のメガネは乗っけてるだけなんで後で本格的なのを聖剣といっしょにこしらえてあげたいな〜。


吸血金魚ハンター猿吸血猫
ムムッ!吸血鬼の気配が……挟まれているっ!
キンデメ(出目金)は昨年6月、ボサツ(デブ猫)は10月に製作。
もちろん、いずれは大本命のあのも作りたい!




キンデメタマちゃんボサツ
(ただのに)戻った。

category: クラフト二次創作

tag: ニードルフェルト  集合  クリーチャー       
tb: --   cm: --

君よ知るや南の鳥  

クビワヒロハシ_1
2018.04〜06

ネットサーフィンしてて見つけた
クビワヒロハシ という南国の小に一目惚れしてしまいました。
(名前のリンクは英語版wikiです)

見ていただければわかると思うんですが…。

全体のバランスと目つきが…小の中でもいそうでいないタイプの、
…平たく言っちまうと寸詰りできょとーんとした目とクチバシ、そして羽毛と腹部の全ての色合いに至るまで
かわいいんだけど、普通の可愛いものに向けるというより
脱力な笑いがこみ上げるようなとぼけた雰囲気で…

見つけた時は本当嬉しくなってしまいました!


クビワヒロハシまえ

と、いう事で
先日のあかびらツクリテ用に、看板的に大きさのあるものを作らなきゃと思い至った時、迷わずモチーフはこのに決定。

クビワヒロハシよこ

毛糸玉を芯に実物の頭でっかちさときょとんとしたあの顔立ちを再現しようと
おなかの部分は4色を水平に重ねながらグラデーションにして…
他の部分でもフェルトを3層ほど重ね…

…。

クビワヒロハシうしろ
出来たのは、デフォルメのせいであまりクビワヒロハシらしさのない
太っちょのが。

これはこれで…とは思うけど
「実物を見てこの生き物を知って欲しい!」と言わずにおれないのです。

本当に、クビワヒロハシは可愛いのです!
そして、クビワヒロハシの生息地、外国の中でもダントツに思いを募らせている東南アジアではないですか!
ああ、南の国に行きたい…!
-- 続きを読む --

category: クラフト

tag: ニードルフェルト  羊毛    観葉植物  エアプランツ 
tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事+関連エントリー

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

QRコード

明日のラッキーワード