FC2ブログ

てんめのながや

点目クラフト&Tillandsia&more...

念願のあのお方に会いに  

ひろし君とユリノキたん
3ヶ月ぶりのトーハク!
梅雨入りに行って来たので画像が暗い…。
(というか今日までの一ヶ月おてんと様数えるくらいしか見てねー…
内3つは地元でないここ含めた旅先)


ー それは、この旅のほんの前、フォローしていた東博アカウントのお知らせ

6月はじめの、企画展の無いこのマターリした時期ならではというか…。
梅雨の時期にまさにふさわしいというか…。

一年前ここで言っていた「ご開帳の際には是非見に行きたい」が、こんなにも早く叶ったああ! ー

そう!上村松園「焔」の展示です!

今年は描かれて丁度百年にあたるというのもあって、
迫るあかびらツクリテへの準備や諸々をやりくりして特急で見に行きました!



大門前


大門前_2
初日は大門〜増上寺〜東京タワー
とはいえ、東京タワー、料金を頂上までと見誤って引き換えしたんですがw
(ここ日付と時間がもう少し違ってたらドラマ「モンテ・クリスト伯」の最終回ロケに遭遇できたのかもな〜)。


人形町の鯨
人形町のクジラ。七福神巡りしてきましたよ〜。



そしてトーハク!
2Fエントランス
「焔」の展示と合わせたのか源氏物語の絢爛豪華な牛車イキり絵巻と三蔵法師(玄奘)と、一休さんの掛け軸と、そして、めっちゃ怖い「焔」と対峙するかのように、高村光雲「老猿」がどっしりとフロアを凝視する姿が印象深く、
今まで一番ゆったり観賞できて、本当この時期に行って来て良かったです。
あと、現地で知ってエッシャー(上野の森美術館『ミラクル・エッシャー』)も見て来ました。
個人的に今まで見た画家タイトル美術展の中でも突出して面白かったので、オススメです!

1日目に無防備に蚊に刺され東京最初のショッピングが虫除けになったのと
2日目、雨で靴底に水入って来た(まあ予報の通りなんで)他はさしたる災難もなく、
そして帰りにふと…
前回のリベンジをしようと東銀座で降り、ミレージャギャラリーさんに挨拶に行こうかと地上に出たらば…。

上野での雨よりさらに激しい、前回と同じ銀座の無慈悲な空に挫け
歌舞伎座下で和菓子を買って戻ってまいりました…とほほ。

それでは
-- 続きを読む --

category: 旅行記・写真など

tag: photo  ポケモン 
tb: --   cm: --

コダック親子in旭川  

親子コダック
去年2月、あまりの可愛さに一目で恋に落ちた三英貿易さんのコダック(の、ぬいぐるみ)。
今年、そのミニヴァージョンたるマスコットキーチェーンが発売されたので
いてもたってもいられずゲットです!

ぬいぐるみのクオリティーのままにちっちゃくなったこっちのコダックにもメロメロ〜

と、いう事で親子伴っての初の旅路として〜旭川に行ってまいりました。



常盤公園
旅の目的は、今月20日まで開催していた旭川美術館上村三代展
私、十代の頃より上村松園が大好きで、かつて北海道近代美術館の企画展で
一作だけではあったけれども彼女の真筆を拝んでからは尚更に思いを募らせていたのです。


初夏だと思っていた旭川は夏普通に熱いこの地方でも稀な激暑!
高温警報
の中駅から美術館がある「常盤公園」まで(普通の天気なら散歩がてら丁度良いくらいの距離)を歩き…、
公園内の美術館へ着いた時にはオアシス見つけた砂漠の遭難者同然のバテバテに。
美術館の外観、熱さでヘタって撮影を忘れたようです…。

そんなバテバテの状態からで観覧した念願の展示でしたが、
松園はもちろん、後代(松篁・淳之)両氏の作風や持ち味も素晴らしく、一点一点の作品が一巡ではあまりに惜しいので引き返してさらにもう一度、最初っから隅々見て回りました。

何より、一番感激したのが画集で親しんでいた作品の真筆以上に、
松園の代表作三点の原寸下絵が見れたこと!
その中に百科事典の数センチのモノクロ図版にも関わらず、初見で私の心を奪った

「焔」(完成作は東博所蔵。いつかのご開帳の時には是非見に行きたい)があったのです!しばらく動けませんでした。

ああ…本当に…行って良かった…。

なのでその余韻醒めやらぬままにポケGO起動して灼熱の公園内をふらふら探索、
ゼニガメに逃げられまくり。何とか捕まえた一匹に公園内の銅像にちなんでみちとしと命名。

常盤公園睡蓮池
池のスイレン

常盤公園のタコ
タコ発見!
(後日カメラ確認したら、他の場所には目もくれず、このタコ遊具「だけ」フルアングルで撮りまくってた…)

遊具入り口のかわいい像
タコ公園入り口の像。かわええ。


ドーミーインコダック
親子ふたたび。
図版からだった松園との出会いと同じく、キャラクターにおいてはこのドーミーいんこが、雑誌じゃらんの見開き広告にて一目で私を虜にしたのです。
なので、ドーミーイン愛用してます。
温泉&朝食美味しかった〜ゲットしたドーミーいんこグッズがこのうちわだけなのが寂しいですが。

category: 旅行記・写真など

tag: photo  ポケモン 
tb: --   cm: --

ヌオー再び  

新ヌオー
2016.10〜2017.2

オリジナルものの制作のかたわら、ちょこちょこと半年あまり…
大袈裟に言えば己の造形技量の向上を確かめるのも兼ね…

羊毛フェルトで最初に(これを作ろうと決めて)完成させた大好きなヌオー()を
改めて、今の技術でもう一度作ってみました。

ぬおう新旧比較
6年前のと新旧比較

まあ、ぱっと見はあまり変わらないよう見えますが
今回は極細針で細かく刺していったので密度が全然違うのです!


そして、このヌオーを作るのともう一つ、
『おきあがりこぼし』を羊毛フェルトでやってみようと従来と違った方法で進めてます。

ビー玉を軽くフェルトで包んで、そのフェルトのボールを下部のおもしとして
形作っていったものの……



おきあがりぬおう

…。おきあがりません。
最終的にはおきあがりこぼしは 失  敗 してしまいました。
原因は前述の通り極細針で密度みっしり刺し固めたもんで上部がそこそこに重くなってしまったことかと…。


おきあがりかけヌオー
ただ、やはり下部に重しがあるのでこんなバランスや
手のひらに載せてちょっと動かしてみると起き上がってくれるので
それはそれで可愛いと納得しています。

まあ、作ってる時からビー玉では重量的にちょっと心もとないかなあ〜と思って
釣り用の重しとか物色してたんで次回に、この反省は活かそうかと。



ヌオーとヤドン
昨年手を入れたヤドン

芯のビー玉に合わせたのでこのサイズなのだけど
起き上がりが上手く働かなかった分、もっと大きめにすれば良かった…。


これも次回だな。
-- 続きを読む --

category: クラフト二次創作:ゲーム

tag: ニードルフェルト  羊毛  ポケモン 
tb: --   cm: --

ヤドン【改】  

まるで今年は本来の意味まんまに「休む」と決めた本家にあやかるが如く…
8月10日までには上げようとして結局ほぼ一週間遅れてしまいましたけど、


始めて3週間余り…PokemonGOで遂に念願のヤドンを入手!

画面でのそのあまりに魅惑的なむちむちぷりぷりボディに触発され急遽、

黄昏のまぬけポケモン

1年前に作ったヤドンを手直ししてみました。

すなわち、

ひとまわり太った
カラヴァジェスキヤドン

“な  つ  ぶ  と  り”
さすがに前回スリム過ぎだった尻尾から始めて全体的に丸く丸く、まる〜く。
この後も気が向いたら更に太らせようかと…。


暑いやぁん
西日射し込む所で撮影したので意図せずカラヴァジェスキ風w




-- 続きを読む --

category: クラフト二次創作:ゲーム

tag: ニードルフェルト  羊毛  ポケモン 
tb: --   cm: --

20年目のこいわずらい  

いとしのコダック

ヴィレッジヴァンガードで偶然見かけ
一目惚れしてたまらずお持ち帰りした三英貿易さん製コダックのぬいぐるみ。



シダ園のコダック


ポケモンといえば数年前、あまりにも自分好みなヌオーの存在を知って以来、
昨年にはヤドンイベントにてほくほくで「ヤドンのうた」CDもゲットし、
ポケモン特に間抜け面系)への想いはつのるばかり…。
秋に出る新作も楽しみ(どんな間抜け面系新ポケ出て来るか)にしてます。


そんな中、こんなに素晴らしい造形のぬいぐるみに出会えるとは!


そもそも20年前初登場の初代について
ゲームはプレイしなかったものの、幼少の当時から
ずうっと気になっていたのが、このコダック(そしてヤドン)だったのですよ。
なので、20年越しの恋が再燃した思いでとてもシアワセな気分です。



金のなる木とコダック

いやもう、本当に可愛いすぎる!
敢えて、あの「頭痛のポーズ」にせずおててをちょこんと下げているのがすごい良い!

わたしにとっての御三家はずうっとコダック・ヌオー・ヤドン、



そして、マッギョ様です

category: 旅行記・写真など

tag: photo  ポケモン 
tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事+関連エントリー

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

QRコード

明日のラッキーワード