FC2ブログ

てんめのながや

点目クラフト&Tillandsia&more...

クリスマスのこびと  

こびととぶた
2018.12

東京から帰ってきてからあっという間に過ぎ去った11月。

(前回の追記でちょっと触れた通り)帰宅早々
あからさまな風邪ひいて2週間〜ほぼ半月ゲホゲホやってました。
幸い高熱や腹痛はなかったので最初の数日の後は通常の生活に戻りつつ安静食生活睡眠見直しはもちろん病院行って薬貰ってもほぼ為す術無し!きっちり2週間は体に居座ったウイルスがガチで辛かった…。



という事で、11月中はずっとウイルスに晒さないよう
一度もニードルを握らず羊毛フェルトから遠ざかってました。

やっと月変わって体調が戻った喜びと共に作り始めたのがこれなのです。

こびととひよこストラップ

ニードルフェルトを始める前から持ってた
大き過ぎて使い所が難しいドールアイ(過去にはこういうの作りました)を嵌め込んで
その目の大きさに違和感が無い、
サンタクロースというよりはギョロ目がちの小人か妖精風の子供のキャラクターにして、
扁平デフォルメとリアルさの中間で、愛嬌とある意味では不気味さがある感じに。


顔立ちについては、何年かしたらもっと手を加えられるようになってると思いますが…。


こびととほうき
直立はできないけどボタン縫い付けで手足、多少の可動ができます。
この時期の撮影用に重宝している左のクリスマス箒…一体いつから手元にあるのか分からない…w

袖口はタティングレースで
(5年以上前手芸イベントでシャトルを購入しつつ当時まったく手をつけられず
今年に入ってから憑かれた様に始めてみるが未だ規則的な完成品が作れない)。

この装飾部分、赤い服を着せてるけどクリスマス限定ではなくちょっと手を加えて
他の季節でも撮影できるようにしたいな〜と。


雪が溶けたら、屋外…自然の中で撮影したいなあ。

こびととふくろう

category: クラフト

tag: ニードルフェルト  羊毛  毛糸  集合  人物      サンタクロース 
tb: --   cm: --

あかちゃん  

前回タイトル「アメリカから来た男」(※追記)。
upした後、真っ先にこの言葉で思い浮かぶのはオバQのドロンパだわ…我ながら。
(ドロンパすっごいすっごい可愛くて大好きなんだけど前回の元ネタキャラクターは
ツンデレドロンパとは逆に人(?)が良過ぎて有能過ぎてコキ使われてる役どころ)
ドロンパ作りたいなあ…あの小さい目が最高に可愛いよドロンパ



改めて、


あかちゃん
2017.04〜05

タイトルが「あかちゃん」ですが特に赤ん坊を意識した訳ではなくて
ちょくちょく描いているキャラクター(過去作「ハンスと豚」など)の立体化です。
毛糸でベースを作り、腕をビーズで留めて少々動かせるようにしています。


ばんざい
ばんざーい


幼少の頃からこういう顔が好みなんでイラストでは何気なく描いているけど
いざ、立体となるとこの口元を「らしく」作り上げるのにけっこう試行錯誤。

にんげんなんだけど、オオグチホヤオオサンショウオみたいないわゆる「口裂け」なんで
口の中を真っ赤にしたら中々グロテスクになってしまうのですね…
(それはそれでシュールなんで悪くはない…むしろ好きだ)

あかちゃんよこ

あかちゃんうしろ

で、作ってるうちに赤ちゃんっぽくなってきたので
ほっぺ、おしり、手先足先に濃いめの色をちょっと被せてニュアンスを出しました。



こうなると、ハダカのままにするのがしのびなくなってきたな…。

前掛けか何かを後日足すかもです。

category: クラフト

tag: ニードルフェルト  羊毛  人物 
tb: --   cm: --

芯入り羊毛の狐のお嬢さん  

芯入り羊毛の狐のお嬢さん3
2013.11

昨年9/28に上げたワイヤー芯人形の完成品です。
(前回が(1)になっているのにいきなり出来上がってしまいましたが…
後日四苦八苦した時の途中経過を(2)で上げるかもしれません)

全長は約17cm。

ワイヤー作りからコツコツ半年近く、様々な障害にブチ当たってなんとか完成にこぎ着けました。


どういう訳か定期的に検索が来ることもありますし、
…もちろん忘れていた訳ではありませんとも!


芯入り羊毛の狐のお嬢さん1

去年の作品なのにリアルタイムにUPせずいたのは
完成した当初、私の撮影技術ではどうも気に入る写真が撮れず、
日照時間の短い今よりも冬を越して日当たりが良くなった時に撮って上げようと考え、
今に至ってしまいまして…。

芯入り羊毛の狐のお嬢さん2

とりあえずまず3枚。

…とはいえ今回上げたのは結局去年のできたての時に撮ったものです。
作った当初こだわりあった毛流れのある専門店の羊毛を使った髪の毛や服の装飾とか…
今はちょっとケバだってしまってまして、改めて上げるにはまた手直しが必要になってます。
(それに、さすがに一年経つと造形的に「もっとこうすれば」ってのが見えてきちゃいますね〜^^;)

ただ普段は丸々したものばかりを作っているからこれは
自分の技術で出来る限りの細かい細工で頭身の高いものにチャレンジしたという
非常に思い入れの強い作品であります。

ぜひともまた、(今度はもう少し大きめに)作りたい…!

category: クラフト

tag: 毛糸  羊毛  ニードルフェルト  人物   
tb: --   cm: --

出先でコックさん  

コックさんとアルベルティアナ
ティランジア・アルベルティアナ子株とコックさん。


昨年10/26「かわいい(己で言うか)コックさん」の続き。
旅のお伴にちょこまか連れ回してます。

美術館のコックさん
北海道の美術館にて。

コックさんと豚
ピンクの豚さんと近場で穴場の温泉に一泊。

コックさんと伊東の弁当
お茶コーラがご当地感満載、特急踊子号上のコックさん。

category: クラフト二次創作:ゆるキャラ

tag: ニードルフェルト  羊毛  人物  集合  photo 
tb: --   cm: --

ほてい求めて函館へ〜最終日  

2012年函館旅行記の四回目。

悲願の「恵山ごっこまつり」を終え函館市へ戻り一泊後、
最終日は五稜郭タワーへ行きました。
本丸五稜郭を見下ろす眺め(もちろん白一色)より
この数日猛威を震った凄まじい降雪を如実に示す眺めの方が見応えありまくり。


車が数珠つなぎです。函館は、こんな豪雪地帯でないのに…!
タワーからみおろす渋滞

五稜郭へ向かう通りにある銅像がステキ

少年といぬ
ネットで後日調べたもののこの像について情報が見つけられませんでしたので勝手に憶測
この、どこかトホホな少年の名前はハンスかペーターに違いない。


我がくらし楽にならず
クマのインパクトがでかかったのでちゃんとこちらはタイトルガン見しました。

『ぢっと手を見る』
湯の川啄木像の方はバスで通るも猛吹雪で形すら見えなかったのでちょっと嬉しいです。

(つい先日すれ違ったMiiさんも言っていたこの言葉。
痛い程に共感出来る…!でも返す私の挨拶は考え考え抜いた限定脱力ワードにしてるので
それ見て笑ってくれてたらいいけどなあ…世知辛過ぎる…)

この旅、吹雪以前にごっこ祭り以外
「着いたら地元案内見て考えよう」とテキトー行き当たりばったりでしたので、
地元の人行きすらない週末の猛吹雪の中を迷い歩き続け
凍えつつバスを待つも待ちきれずに乗ったら目的地と逆方向だったとか
地元の人は皆温厚そうで落ち着いた感じに見えたのに
雪かきで遅れて来た市電に滅多に無い事だったそうで切れてたジイさんとか…
今迄の函館旅行のセオリーに違わず大変な思いをしたのが、今となってはいい思い出です。
でも、次行く時こそ…次こそは、どうか…穏やかな天気でありますように…!

category: 旅行記・写真など

tag: photo    人物     
tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事+関連エントリー

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

QRコード

明日のラッキーワード