てんめのながや

点目クラフト&Tillandsia&more...

おだやかな目のぶたと豚  

大きめのぶたさん
2018.05

イラストから羊毛フェルト、「おだやかな目のぶた」をベースに
もう一体、大きめにして作ってみたさんです。


まず毛糸でこんな感じ



に頭・胴体・足を作った後、
元の毛糸の色が分からなくなるくらい羊毛フェルトでコーティング。
手(前肢)はこの時点で付けます。


大きめのぶたさん3

この状態で袋1つ分をまるまる使い切るも、、まだ、ほっそり!
もっと!ふくよかにしたいので
シュクレ羊毛で更に巻いてちょこまか調整…そうしてやっと

↓ 完  成 !

大きめのぶたさん2

大きめのぶたさん4
端にぶたさんがころん

追記に告知あり。続きます。

-- 続きを読む --

category: クラフト

tag: ニードルフェルト  羊毛  毛糸   
tb: --   cm: --

深海のひとだま  

ゴールデンウイークに入り、先日見る機会を逃したまんま冬を越してた
実家録画の年末NHKスペシャル『深海大スペシャル「驚異のモンスター大集合!」』 を

だらだら流し見していたら終盤間近で目が釘付けになってしまいました。


何アレ!…嘘でしょ?



………そこには、
私が幼少時から愛してやまない
理 想 の 顔 がありました!

「マリアナスネイルフィッシュ」!
いやホントに冗談かと思ったくらい理想の顔過ぎるんですけど!
(Webで知って単行本愛読してる「天地創造デザイン部(モーニングKC)」のカバー下四コマの言葉通りだ…)

そんな訳で、今暇さえあればあの番組のマリアナスネイルフィッシュの場面を何度もリピートしてる日々。


と、いう事で改めて本題ー
仲間が増えたサケビクニン
2017.06〜

マリアナスネイルフィッシュの仲間、クサウオ科のサケビクニン
実は郷里のなので名前が知れ渡るようになるちょっと前から見ているのですが、
初めてこのと出会った時のインパクトと感動はとても言い尽くせません!
フウセンウオ、ゴッコと双璧でもう長年好きで好きで大好きななのです。


ご尊顔in登別マリンパーク
何せこの目つきが素晴らしい。

スケッチやイラストでちょくちょく描いてた事もあって
昨年より羊毛でもチャレンジ。


深海のひとだま
実物の質感は羊毛フェルトの風合いと真逆といってもいいので、
どれだけ本物のぼんやりした不気味な感じを伝えられるか念頭に置きながら製作してます。
まだまだ試行錯誤ではあるのですが、いろいろ試して量産できたらいいなあと。

サケビクニン_1

サケビクニン_2
根付け仕様ですが、形を整えるのに結構時間かけてます。

category: クラフト

tag: ニードルフェルト  羊毛  毛糸      クリーチャー 
tb: --   cm: --

2頭身の仲間たち  

2頭身のなかま2
2017.06〜
昨年から始めた連作もの。

きっかけはここから。オリジナルでもと
体の部分にビー玉を入れ、「起き上がり小法師」仕様にしてみました。

羊毛フェルトの起き上がり小法師といえば〜このブログを始めた頃くらいに
札幌地下歩行空間で入手した雪だるまの起き上がり小法師
シンプルながらもすっごくすっごくすっごく可愛くて素晴らしくって、
いざ自分で作るとき、ちょっとそれを頭の片隅に思い浮かべながら進めていたのですが、

第1号…と言うより上記リンクのヌオーと同様、
がっちり差し込んで作ってますもんで

ことごとく、起き上がりませんという結果になってしまいました。

…なもんでバリエーションが揃いつつ中々こっちで上げなかったのは
(起き上がら「ない」小法師なので)受験シーズンにUPが被るのはどうかと自粛してたのです。


とはいえ!
通常のフェルトフィギュアに比べ、手に乗せた時ころころと重みを感じられるの
ことさらに「間抜け面」を意識したキャラクター造形的に合っているように思えて自分ではこの状態でも気に入ってます。

製作順のナンバリングはインスタアカウントにて表記しています。
登録したての頃であまり日の目を見ず…なのでいいねくだせぇおねげぇすます。



ペングゥイン
一番最初なので、少々テイストが他と違うペンギン

南半球のなかま
カモノハシ、コアラ、カカポ(フクロウオウム)、ウォンバット〜南半球のなかまたち

蝙蝠と赤頭巾
ハロウィンシーズンの頃に作ったコウモリと、
南の赤ずきん、ミナミキンランチョウ

遠野物語風
タヌキ、カエル、カッパ〜日本の農村を感じる取り合わせ

もぐらとぶた
そしてもぐらと真打ちたるぶた!


2頭身のなかま1
東京展示前の集合図。
唯一お買上げされた(ありがとうございます!!)ウサギ、そしてヘビは製作方法を変えて
頭部を軽くしようとした分ちょっと大きめになってます。
-- 続きを読む --

category: クラフト

tag: ニードルフェルト  羊毛  毛糸  集合        河童 
tb: --   cm: --

みゃあみゃあみゃあ  

ねこ三匹(初期作修正)
初期作を打ち直しのねこ三匹


2月22日、「の日」…が過ぎてから気付いたのですがこれ作ってました。
鯛を抱えたねこななめ

2018.02

4年前にアップした 「鯛らしき魚を抱えたまゆげ猫」。
羊毛フェルト始めたての頃、数色使いに単純ではない形、しかもオプション(魚)付きで完成させた(終盤フェルトが足りなくなって急遽白を入れ、眉毛風のブチ模様に)ー
大げさに言ってみれば、「最初の大作」な感じで愛着を持っていた作品です。

なので、ブログに上げる前、
出来たてが嬉しくて外部投稿サイトへ意気揚々と発表したところ、
当然の結果でありますがなかなか寂しい反応に少々落ち込み、
その後そのまま収納のこやしにしていたのを、

なぜかふと今月、数年ぶりで見て突発的に手を加えてみました。


鯛を抱えたねこを修正
まず一番にフェルトの量を控え気味にしていた昔ではあまり刺し込まず
軽くスカスカにしていた部分を
どんどん足し、思いっきり太らせ逞しくします!

特に腹!アゴ周り!下半身を!

つぎ足し分は敢えて同系色ではありますが同じ色にこだわらず、今回はアクリル毛糸
2色から3色へ、マーブル風の毛並みに変更。

鯛を抱えたねこ背中


そして手足、目、ヒゲ、魚も全体のバランスを整え下膨れにし
3日かけてお色直し完了です!

鯛を抱えたねこ2018

…これもきっと、数年経ったら現在の未熟さが目につく事になるでしょう。
(このブログで出る度に言ってますがは好きなのに造形でらしさを出すのがガチで下手です。これも例に漏れず作りながら何度も「わんこにしか見えん…色のせいだな」と…トホホ。)
そう思えるよう、もっともっと上手くなりたいものです。
-- 続きを読む --

category: クラフト

tag: ニードルフェルト  羊毛  毛糸    集合 
tb: --   cm: --

猛禽のヒナ(イスカンダル)  

クリスマス帽子のイスカンダル

メリー

クリスマース!!!


イスカンダル
2017.12

2017年に入ってずーっと構想をあたためてきた猛禽のヒヨコ。

イスカンダルななめ

モデルはイヌワシのヒナ

→ 一昨年(丁度2年前)偶然手にし、
あまりの面白さに既刊十数巻を一気買いしたカトウコトノ先生の「将国のアルタイル」
主人公の相棒にしてある意味タイトルロールでもあるオスのイヌワシ・イスカンダルの子供時代


なので、実のところ半分は二次創作ですこれ。

本編では凛々しく、雄々しく成長した大活躍の犬鷲!でも、
それ以上に私の心を掴んだのは、
ほんの数コマ回想で登場する、まだ目の開いていないヒナの姿…。

ふこふこで、ぼてっとしてて…あまりにも可愛過ぎ!

…しかもその登場シーンは主人公の生き方を決定づけた悲惨極まりない場面でもあるので
余計に雛の可愛さが印象強いのです。



PB287184.jpg
作りはじめはこんなん。
あまりのデカさに今迄使いどころが無かったドールアイ(大)を初めて使用。
で、このデカい目ん玉&ボディに更にフェルト(10/31で使ったダイソーアクリル毛糸の色違い)を巻いて全体を作り足を付け、

イヌワシのひよこよこ

更にその上からアクレーヌを、2〜5mmの厚さでふんわりめに被せて


ふこふこ感を出してみました!


イヌワシのひよこ
尾の部分はほぼアクレーヌ、その分ちょっとがっちりさせちゃいました。

最初の頃はフェルトとアクレーヌの実質二層ではなく
従来通りフェルトをがっちり刺して作ろうと思っていたので、

試行錯誤の分、まさに、「猛禽のヒナ」の可愛さが表現できたのではと思ってます。


クリスマスのイスカンダル



追記:ちょっと前に終わったアニメについて。
-- 続きを読む --

category: クラフト二次創作

tag:   ニードルフェルト  羊毛  毛糸  ひよこ  サンタクロース 
tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事+関連エントリー

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

QRコード

明日のラッキーワード