FC2ブログ

てんめのながや

点目クラフト&Tillandsia&more...

念願のあのお方に会いに  

ひろし君とユリノキたん
3ヶ月ぶりのトーハク!
梅雨入りに行って来たので画像が暗い…。
(というか今日までの一ヶ月おてんと様数えるくらいしか見てねー…
内3つは地元でないここ含めた旅先)


ー それは、この旅のほんの前、フォローしていた東博アカウントのお知らせ

6月はじめの、企画展の無いこのマターリした時期ならではというか…。
梅雨の時期にまさにふさわしいというか…。

一年前ここで言っていた「ご開帳の際には是非見に行きたい」が、こんなにも早く叶ったああ! ー

そう!上村松園「焔」の展示です!

今年は描かれて丁度百年にあたるというのもあって、
迫るあかびらツクリテへの準備や諸々をやりくりして特急で見に行きました!



大門前


大門前_2
初日は大門〜増上寺〜東京タワー
とはいえ、東京タワー、料金を頂上までと見誤って引き換えしたんですがw
(ここ日付と時間がもう少し違ってたらドラマ「モンテ・クリスト伯」の最終回ロケに遭遇できたのかもな〜)。


人形町の鯨
人形町のクジラ。七福神巡りしてきましたよ〜。



そしてトーハク!
2Fエントランス
「焔」の展示と合わせたのか源氏物語の絢爛豪華な牛車イキり絵巻と三蔵法師(玄奘)と、一休さんの掛け軸と、そして、めっちゃ怖い「焔」と対峙するかのように、高村光雲「老猿」がどっしりとフロアを凝視する姿が印象深く、
今まで一番ゆったり観賞できて、本当この時期に行って来て良かったです。
あと、現地で知ってエッシャー(上野の森美術館『ミラクル・エッシャー』)も見て来ました。
個人的に今まで見た画家タイトル美術展の中でも突出して面白かったので、オススメです!

1日目に無防備に蚊に刺され東京最初のショッピングが虫除けになったのと
2日目、雨で靴底に水入って来た(まあ予報の通りなんで)他はさしたる災難もなく、
そして帰りにふと…
前回のリベンジをしようと東銀座で降り、ミレージャギャラリーさんに挨拶に行こうかと地上に出たらば…。

上野での雨よりさらに激しい、前回と同じ銀座の無慈悲な空に挫け
歌舞伎座下で和菓子を買って戻ってまいりました…とほほ。

それでは
-- 続きを読む --

category: 旅行記・写真など

tag: photo  ポケモン 
tb: --   cm: --

銀座でぐ〜るぐる  

3月の桜
3月初頭の上野公園、一足早くひっそり咲いていた桜の花

あ〜もう3週間も経ったのか。
日差しは暖かくも白一色冬の世界からの3日間


…楽しかったなあ。

けど…、

インスタグラムへ
先月、追記で告知していた銀座ミレージャギャラリー さんでの展示会で上京してました。

クリエイターズバンクのイベント告知にはギャラリーサイトから詳細な交通機関経路に
目印となる近隣の建物
も入念に載せ、
2度目の銀座、悠々自適に楽しむぞお!と意気込んで向かった今回






到着!
歌舞伎座in春一番(暴風雨)
歌舞伎座に。

東銀座から目的地へ一直線の筈が、出口真逆の方向の歌舞伎座にたどり着いた訳ですよ。
写真が暗めなのはこの時傘が吹っ飛ばされんばかりの台風並の暴風雨だったから。
しかも歌舞伎座、地下直結の入口があるので、
暴風雨の地上を彷徨いまくった間抜けぶりが伝わる本当にトホホな写真です。

んな訳で辛うじて上野から有楽町駅始点で向かった真ん中の1日を除いて最初から最後まで、銀座の街中を迷いまくり〜。
いえ、どうしてこうなったのか弁明しますと
スマホの調子悪くてナビにあまり頼れなかったんです


…以上に2度目なのに油断してたのです。

なので、昨年初めて直に見て感動した
2017銀座和光
この建物も終始見れず初日(懇親会)は時間遅れで乱入!後日も変わらずぐ〜るぐる。


…度重なるこの醜態にかかわらず暖かく接してくださった皆様、
もっともっと作品についての皆さんのお話を聴く事が出来ずに帰ってきてしまった事…それだけが心残りです。

帰って来て改めて現地の地図を見たら
ほんとに目と鼻の先でしかない僅かな距離をぐるぐる廻ってたんだよなあ…。



私が方向音痴なのは年ではなく落ち着きが無いせいだと思いたいので、
この反省は、ちゃんと次に活かそう…。





-- 続きを読む --

category: 旅行記・写真など

tag: photo 
tb: --   cm: --

好き好きまぬけづらのワニ  

わにとフォステレラ
いや〜去年春の開花から鉢増ししたら
付いた子株3つが同時に咲きそうなフォステレラ・スペクタビリスと。



昨年9月、自作の羊毛の方をメインにした為次に回す事にした
現地熱川バナナワニ園の看板ワニ様の数々です…!


まさに!聖地なのです!!!


駅の看板
熱川駅改札で迎えてくださった看板ワニ様

近年Tシャツ化でブレイクした最近のマスコットも
(私が行った時にはキッズサイズしかなかった(;д;)
遂に今年、スタッフさんの作業着にもなったのを見て感激しました!
ああ行きたいよう…!



でも、
最近のキャラクター絵ではなかなか出せない
絶妙のとぼけ顔をしたこの看板ワニさんが、やっぱり大好きです。
こっちも世代交替はせずにずっと頑張っていて欲しいなあ。


あうんの熱川仁王
入り口左右にはまるで金剛力士像の様にトピアリーのワニさん!



温室のシンボル

壁のわに
デカデカとペイントされた、この脱力な表情…!
広さもさる事ながら高台を登るので意外と体力使う辛さも吹っ飛んで一緒に顔ポカーンに。

このゆるさ……本当に楽しかったなあ熱川バナナワニ園。


-- 続きを読む --

category: 旅行記・写真など

tag: photo  観葉植物 
tb: --   cm: --

コダック親子in旭川  

親子コダック
去年2月、あまりの可愛さに一目で恋に落ちた三英貿易さんのコダック(の、ぬいぐるみ)。
今年、そのミニヴァージョンたるマスコットキーチェーンが発売されたので
いてもたってもいられずゲットです!

ぬいぐるみのクオリティーのままにちっちゃくなったこっちのコダックにもメロメロ〜

と、いう事で親子伴っての初の旅路として〜旭川に行ってまいりました。



常盤公園
旅の目的は、今月20日まで開催していた旭川美術館上村三代展
私、十代の頃より上村松園が大好きで、かつて北海道近代美術館の企画展で
一作だけではあったけれども彼女の真筆を拝んでからは尚更に思いを募らせていたのです。


初夏だと思っていた旭川は夏普通に熱いこの地方でも稀な激暑!
高温警報
の中駅から美術館がある「常盤公園」まで(普通の天気なら散歩がてら丁度良いくらいの距離)を歩き…、
公園内の美術館へ着いた時にはオアシス見つけた砂漠の遭難者同然のバテバテに。
美術館の外観、熱さでヘタって撮影を忘れたようです…。

そんなバテバテの状態からで観覧した念願の展示でしたが、
松園はもちろん、後代(松篁・淳之)両氏の作風や持ち味も素晴らしく、一点一点の作品が一巡ではあまりに惜しいので引き返してさらにもう一度、最初っから隅々見て回りました。

何より、一番感激したのが画集で親しんでいた作品の真筆以上に、
松園の代表作三点の原寸下絵が見れたこと!
その中に百科事典の数センチのモノクロ図版にも関わらず、初見で私の心を奪った

「焔」(完成作は東博所蔵。いつかのご開帳の時には是非見に行きたい)があったのです!しばらく動けませんでした。

ああ…本当に…行って良かった…。

なのでその余韻醒めやらぬままにポケGO起動して灼熱の公園内をふらふら探索、
ゼニガメに逃げられまくり。何とか捕まえた一匹に公園内の銅像にちなんでみちとしと命名。

常盤公園睡蓮池
池のスイレン

常盤公園のタコ
タコ発見!
(後日カメラ確認したら、他の場所には目もくれず、このタコ遊具「だけ」フルアングルで撮りまくってた…)

遊具入り口のかわいい像
タコ公園入り口の像。かわええ。


ドーミーインコダック
親子ふたたび。
図版からだった松園との出会いと同じく、キャラクターにおいてはこのドーミーいんこが、雑誌じゃらんの見開き広告にて一目で私を虜にしたのです。
なので、ドーミーイン愛用してます。
温泉&朝食美味しかった〜ゲットしたドーミーいんこグッズがこのうちわだけなのが寂しいですが。

category: 旅行記・写真など

tag: photo  ポケモン 
tb: --   cm: --

東京清澄で亀を愛でる(2)  

初夏の東京記(前々回前回)。清澄庭園の後編です。

前回は亀だらけ〜、寄って来てかわい〜、嬉しい〜、とはしゃいでますが

魅惑のクチビル
繰り返します。そんな愛らしい亀さんより断然インパクトでかかったのがこの
「口だけ出して迫ってくる鯉」(撮影直後、ゾンビ映画の如く群れを成し迫って来た)

どうして鯉にしろ亀にしろこんなにがっついてアグレッシブなのかーと、いうのも昔は売店があって餌付けが出来たそうで…。
私が来た6月時では鯉に‘麩’をあげるのはOKでしたが冬期以降の餌付け禁止の告知を見、
鯉をはじめここの生き物達がこれからどうなるのだろうか…と少々心配に。
(私の地元の某亀池は昨年春頃を皮切りにめっきり亀が見られなくなってしまい、
生態系の面で致し方無いと理解しつついつもいた姿が無いのはやはり寂しい)




すっぽんもいた!

シリーウォークを思わせる
石段を渡ろうとしたその先には、アオサギが悠々と小魚を穫りながら石段を
長い足で ま た い で越えたのを目撃して更に感激。
人が近づいても全く動じない、ここの鷺さん達にも軽くカルチャーショック()。


P6065808ざくろの花
庭に映える朱色の花に魅せられ、写真を撮りまくるもピンボケしこれが一番まともな一枚。
地元では見た事の無い花だったので、帰ってから早速調べザクロの花と知って嬉しい。
果実の印象しか無かったからこんなきれいな花を付けるとは…。

古池や
松尾芭蕉の句碑がありました。
まさにこの日は花盛りの菖蒲と「蛙飛び込む〜」に相応しい初夏の薄曇り。

実物のカエルを発見できたらもう完璧に「生き物の楽園」を堪能出来たかと。
今度は日差しのいい日にまた行きたいなあ。

category: 旅行記・写真など

tag: photo 
tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事+関連エントリー

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

QRコード

明日のラッキーワード